消費者金融

消費者金融

ネットで申し込む消費者金融を探したい方、手軽に利用できる消費者金融・キャッシング・カードローンを探したい方、上手に利用するためのお得で分かりやすい情報を提供しています。当サイトでは消費者金融や、キャッシング・カードローンを使う時のお得な知識や必須の知識を紹介しています。

HOME > 申込み・審査の情報 > 必要事項記入のコツ

必要事項記入のコツ

審査基準と必要事項記入に関してのピントとコツ

クレジット・カード契約申し込み時には、いろいろな必要事項を記入するのですが、金融会社によって多少の違いはあるものの、必要事項はほとんどが各社共通の項目で、それぞれの記入内容はすべてが審査にとって重要な情報となっています。

生年月日や職業からは、おおまかな年収も推測できますし、家族構成などから、生活費用なども大体把握できます。

例えば審査において既婚・未婚の場合では、既婚者は、生活費がより多くかかるという点で不利に見られますし、年齢が高いと、不利です。

また、電話番号の記入欄に携帯電話のみの記入をした場合は、契約・解約が用意であるという携帯電話の特製上、融資には不利な条件となります。
出来るだけ、固定電話(自宅)と携帯の両方を記入するようにしましょう。

居住年数は、かなり重視されるようです。
頻繁に住所が変る人にお金を貸すのは、返済が終わらないうちに住所を変えられてしまい、居場所が不明になるかもしれないというリスクが伴いますよね。

職種については、ここで書いたとしても急に職業を変えるわけにはいきませんので、とにかく正直に書く事です。

主婦の場合は、ご主人の仕事が審査の対象となる事も多いのですが、個人情報保護法の施行により、若干変ってきているようです。


使用目的というような項目がある場合、生活費などを選択するのは不利になります。
レジャー資金や車の購入といった目的を選択したほうが無難だと思われます。


記入項目の中で、一般的な審査の順番は、

1.他社の利用状況はどうか
2.独身か既婚か
3.居住形態は(賃貸か 分譲か 社宅か 本人持ち家か 家族所有持ち家かなど )
4.勤務先の業種と規模は
5.雇用形態は
6.年収は
7.勤続年数は

という順に判断していく事が多いようです。



ちなみに、当サイトでの実績、No.1、NO.2を常に独占しているのは

ネットキャッシングでシェア拡大をねらう GMOネットカード

CMで積極展開中!!三井住友銀行グループの アットローン

↑↑一押しお薦め業者さんです↑↑